住まいのミカタ

「売る」「買う」の不安をスッキリに

専門家に無料相談

ご質問・ご予約0120-948-773

営業時間:10:00〜19:00(土日祝も営業中) 定休日:水

電話する

ハウスクリーニングでマンション売却をスムーズに!その方法と費用を解説

住まいのミカタ
ご予約
0120-948-773
無料相談
836

作成日:2019/07/23

長年住み慣れたマンションをスムーズに売却するためには、業者選びや価格設定など色々な戦略を考えてから実行することが大切です。その戦略の重要なものの一つに「ハウスクリーニング」があります。では、なぜハウスクリーニングが大切なのでしょうか?ここではその理由や方法、クリーニングに掛かる費用などを解説します。

目次

1)ハウスクリーニングをするべき3つの理由

マンションを売却するときには、出来るだけ高値で売却したいものです。その為にはハウスクリーニングを、プロの業者に任せることが重要になります。この章ではその理由を詳しく説明します。

家の見栄えを良くする

家は生活をするための重要な場所の一つです。ですからその外観や内装が、美しく磨き上げられた綺麗な家に住みたいと思う人がほとんどでしょう。そして家は、一生に一度の高い買い物であるとも言われており、一度購入した場合には末長く住むことになり、終の棲家になる人もいます。ですから購入するために内見に訪れる人は、大変シビアな目で物件を隅々まで調べてから購入の有無を決めるものです。

その為ハウスクリーニングをきちんと施し、家の見栄えを良くしておけば、内見に訪れた人の第1印象を良くすることが出来ます。その家がたとえ中古のマンションであったとしても、クリーニングによってピカピカに磨き上げられた家は好印象を持たれます。

しかしクリーニングをしないで売りに出した場合、立地や環境も良く不具合等もないマンションであったとしても、古く見えたり汚く感じる部分があった場合には、購入を見送るようなことになりかねないのです。

売主の人間性をアピールできる

他にも、きちんとクリーニングを施してから売りに出せば、買主は「売主が誠実な人」であるという好印象を持つようにもなります。さらにその家を売主が「大切に使ってきた」と買主に思わせることも出来ますし、他にも「暮らしぶりが丁寧である」という印象を与えることも出来るのです。このような印象を買主に与えることが出来るのも、ハウスクリーニングのメリットの一つと言えるでしょう。

売却価格に影響する

マンションを売る人は出来るだけ高く売りたいと考えますが、逆にマンションの買主に当たる人は、その物件を出来るだけ安く買いたいと思っています。その為に内見に来る人の中には、マンションの欠陥や欠点を探す人もいます。つまり、その物件が汚れていたりなどの不都合な点が見つかった場合には、値引きを要求してくるような人も無きにしも非ずです。

そのような事態を防ぐためにも、ハウスクリーニングは必要なのです。さらに、もしもクリーニングをせずに売り出して、売却が決まらない状況が長引いた場合には、売出し価格の値下げも考慮しなくてはならない事態に発展することもあります。こうなると高値での売却の可能性が日増しに低くなってしまうのです。

【無料】マンションを高く売るコツがわかる!住まいのミカタの個別相談会


2)ハウスクリーニングを行う時期は?

家を売却するためにハウスクリーニングを行う場合には、業者に依頼する時期にも注意した方が良いでしょう。なぜ時期に注意するべきなのでしょうか。そしてどのような時期を狙うべきなのかを解説します。

ハウスクリーニングのシーズンオフを狙う

ハウスクリーニングを依頼する際の注意点の一つ目は、業者の繁忙期を出来るだけ避けるということです。

ハウスクリーニング業者には、繁忙期とそうではない時期に分かれます。主に繁忙期と言われる時期は3月から4月がそれに当たります。その理由としては、この時期は引越しシーズンのために業者が多忙になってしまうからです。

もしも繁忙期にクリーニング業者に依頼しようとしても、クリーニングを希望する日にちに予約することが出来なくなる可能性があるのです。しかし、繁忙期以外の時期になれば予約もスムーズに出来ますし、業者によっては値引き交渉などに応じてくれることもあり、それが費用の節約にもつながるというメリットもあります。

不動産会社の査定前にはクリーニングを終わらせる

マンションを売却する際には、不動産会社による査定が入ります。それによりいくらで売却できるかが決まります。その査定の前までに、ハウスクリーニングを終わらせておくようにしましょう。なぜならば、クリーニングをすることが査定額にも影響してくるからです。

さらにクリーニングをする事によって、買主だけではなく不動産会社の査定担当者にも好印象を与えることが出来ます。

つまり、きれいにクリーニングを施している家は「売りやすい家」という印象を不動産会社に与え、会社の担当者も熱心に仲介業務を行ってくれる可能性が高まるといえます。

3)プロにクリーニングを依頼すべき箇所は?

マンションを売却する際には、自分でクリーニングすることが出来る箇所もあります。しかしすべて自分の手で行おうとすると限界があります。自分では出来ない場所はやはりプロに任せるべきでしょう。ではどの部分をプロに依頼するべきなのでしょうか。ここではその場所とその費用相場を解説します。

汚れが目立ちやすい「浴室」「トイレ」「洗面台」

クリーニングにおいて一番重要なのは家の「水回り」です。浴室とトイレ、洗面台は自分で磨き上げるのは大変です。

その理由として水回りには水垢やカビ、鏡のくもりなど普段の清掃では落としきれない汚れが多いからです。このような部分の費用相場は、浴室の場合には1万円から2万円程度掛かるとみておきましょう。トイレの場合には6,000円から1万3,000円程度、洗面台であれば6,000円から1万円程度が相場になります。

なお業者によっては、まとめて依頼をするとパック料金でお得になることもあるので、依頼する際に料金体系をチェックしておきましょう。このような業者に依頼すると、クリーニング業者専用の特別な機材や薬剤を使用して、水回りのこびりついてとれないような汚れすら落としてもらえます。

油汚れが気になる「キッチンまわり」

特別な機材や薬剤を用いて、綺麗にしてもらえるのは水回りだけではありません。水回りと同じくらい汚れるのが、キッチンの壁やレンジフードです。

キッチンの壁には油汚れなどがこびりついている場合が多く、素人では掃除することが大変難しい箇所です。ですがその部分の汚れも落として新品同様に綺麗に磨き上げてもらえます。その費用相場は、キッチンであれば1万円から2万4,000円程度、レンジフードは1万円から2万円程度です。

面積が広い「床」

その他にも、クリーニングする上で重要な個所があります。それは「床」です。

床をクリーニングするメリットは、ワックスでツヤのある床にすると、部屋の印象を明るくすることが出来るからです。しかし水回りやキッチンの壁などとは違い、ワックス掛けは素人でも出来てしまいます。ですが素人がそれを行うと、仕上げたときに「ムラ」が出来てしまう事があるのです。

プロはムラなくそれを仕上げてくれます。費用は6畳サイズ部屋の床磨きと、ワックスがけで1万円程度で出来るので、プロに依頼した方が綺麗に磨き上げてもらえて、それが査定額アップに繋がってゆくかもしれません。

4)目指すはモデルルーム!ハウスクリーニング以外にすべきこと

家を売却する際には、その手続きなど煩雑な作業も多くあります。ですから念入りなクリーニングはプロに任せてしまい、売主は査定や内見に備えた準備等に時間を割いた方が良いでしょう。ではどのような事を売主はするべきなのでしょうか。

不用品を処分する

家を売却するついでに、いらないものは「断捨離」してしまった方が良いでしょう。不用品を処分することによるメリットは大きく、それはマンション売却の成約の成否にも関わってきます。不用品を処分することにより、部屋を広く見せることが出来ます。

そして内見に来た際に、クローゼットの中も見せられるように整理しておくことも大事です。このようなスッキリと片付いた部屋は好印象を与えることに繋がり、それが成約の可能性を大きく上昇させてくれるのです。

さらに断捨離をすれば、引越しの際の荷物を減らすことも出来ます。

ですが不用品の量が多く、自分一人では捨てられないようなレベルであれば、不用品回収業者に依頼する方が良いでしょう。そのような業者に依頼した場合の回収費用は差がありますが、軽トラック1台分の量で1万8,000円から2万5,000円が相場です。1tトラックであれば、2万円から3万円程度の料金が掛かります。

業者によっては、部屋の間取りの広さで料金が変わることもあるので、回収業者に依頼する際には料金体系をきちんと把握しておくことが大切です。

部屋を明るく見せる

部屋の明るさは、内見に来た人が持つ印象を大きく左右します。それが成約の成否を分けることもあるのです。そのため、出来るだけ明るい部屋にすることがベストです。出来る事なら、モデルルームのような明るさをイメージできれば良いかもしれません。

しかし部屋を明るく見せる際には注意点もあります。

まず、サッシまわりには物を置かないように注意を払いましょう。さらに採光を活かすようガラスはきちんと磨きあげておくことも大事です。他にもシェードの埃や汚れを取り除いたり、照明器具などはワンランク明るいものに交換するようにします。

さらに内見が決まった時などは、家じゅうの電気をつけて明るさを演出するようにします。そして内見の際には、くれぐれも照明が切れていたりすることのないように注意しておきましょう。

においがこもらないよう換気する

どの家庭にも住んでいる本人が気づかない独特のにおいがあるものです。このような臭いが売却したいマンションの部屋に充満していると、内見に来た人に悪影響を与えてしまいます。

臭いでは、特に注意しなければならないのはペットを飼っていた場合などです。そして家は人が住まずに、密閉された状態のままでいると空気がよどんできます。それが臭いを発生させる原因にもなりかねません。

そのような対策として、日ごろから頻繁に窓やドアを開けて、風通しを良くして臭いがこもらないようにしましょう。いつ内見が来ても対応できるように、出来るだけ換気を良くしておくことです。そうすれば臭いを抑えることが出来ます。

さらに内見が来たときには、窓を開けて通風の良さをアピールすることも大切な作業です。日当たりと風通しのよさを内見に来た人が感じることが出来れば、成約にまた一歩近づけることが出来るかもしれません。

おわりに

【無料】他にもまだあるマンション売却のコツを、不動産のプロが伝授!

ハウスクリーニングは売却を有利に進める大切なポイント

マンションの売却をスムーズに進める為には、室内を片付けてキレイな状態にしておくことが大切です。すっきりと整理整頓されて、清掃が行き届いた家は見に来た人すべてに好印象を与え、成約につながりやすくなるのです。さらに売却価格にも影響する為、査定や内見の前にはハウスクリーニングを行っておくのがおすすめです。

この記事のトピックス

この記事を書いた人

本間
住まいのミカタ アドバイザー 本間
宅地建物取引士、FP2級。新築マンション・戸建の販売から不動産仲介での売買など幅広く不動産業界に携わりました。不動産売買でご不安に思われていることや、わかりにくいことなど、どんなことでもお聞かせください。皆さまに笑顔でご満足いただけるようなアドバイスができればと思っています。
836

住まいのBOOKカテゴリ

これから開催予定の
「住まいのミカタ無料講座・セミナー」

住まいのミカタのサービス内容について聞いてみたい。電話で予約が取りたい方はこちら。

受付時間:10時〜19時(定休日 水曜日) 土日祝も営業中